7月播きのトマトが壊滅。9月播きに期待

7月に播いて8月に定植したトマトに土壌病害が出ていましたが、その後、かなり被害を受け、それ以外の株もバイラスにやられてかなり深刻な状況になってしまいました。

一方、
別の温室で栽培予定の9月播きのトマトは順調に育っています。こちらの温室はトマトが壊滅した方の温室の4倍の広さがあるので、だめになったトマトはあきらめてこちらで挽回しようと思います。
(やはり真夏の育苗は無理があるのか?  来年は作付計画を考え直そう。)

発芽したトマト(9月20日播種)

播種後4日目のトマト(9月20日播種)


播種後9日目のトマト

播種後9日目のトマト。本葉が出始め。


播種後24日目のトマト

播種後24日目のトマト。そろそろ移植時期。


12cmポットに移植したトマト

12cmポットに移植したトマト


播種から1ヶ月ちょっとのトマト

播種から1ヶ月ちょっとのトマト。葉が干渉しあわないように株間を広げてある。


定植したトマトに早くも病気が・・・

定植したばかりのトマトに一株だけ様子の変なものがありました。
全体的に葉が茶色くなって萎れています。

病気のトマト

病気のトマト



おかしな病気が広がるといけないので、早速抜いて原因究明・・・
まず、根は・・・
病害の出たトマトの根

病害の出たトマトの根



植えてから一週間になるので、本来なら白い根が伸び始めているころですが、全く伸びていないどころか根全体が茶色くなっています。

次は茎・・・
茎をカッターで切って断面を確認することで病名がわかることがあるので、切ってみました。

トマトの茎の断面

トマトの茎の断面



茎は特に異常がないようです。

問題は根のようです。
根が傷んでいるということは、土壌病害の可能性があり、急速にほかのトマトにも感染するかもしれません。
ただ、どんな病気にせよ土壌病害だとすると手の打ちようがないので、注意して見守るしかありません。


トマト苗を定植

8月31日にトマトを定植しました。

隔離床に定植したトマト

隔離床に定植したトマト



例年と同じ時期に定植できましたが、今年は苗がいくつか足りなくなってしまいました。
足りない分は隣の株からわき目を伸ばそうと考えています。
定植前は、暑い時期なので水遣りが一日1~2回でしたが、やっと水遣りをしなくてよくなりました。


今日は雨なので・・・

今日は天気予報によると一日雨が降ったりやんだりらしいので、靖国神社に参拝に行ってきました。

靖国神社

靖国神社



土曜日ということもあり人が多かったです。参道ではフリーマーケットもやっていました。
靖国神社参道のフリーマーケット

靖国神社参道のフリーマーケット

フリーマーケットの出店者はこの後の大雨でびしょぬれになってかわいそうでした。

一人で行ったので、参拝のあと、遊就館をゆっくり見てきました。拝観中には一時豪雨になっていました。
8月は雨が少なく畑がだいぶ乾いていましたが、今日の雨で多少湿ったので助かりました。


トマト苗の何株かに異常発生

トマトを12cmポットに移植後おおむね順調ですが、何株か異常が発生してしまいました。

トマト苗

トマト苗

若干徒長ぎみながらまあまあ順調なトマト苗。

暑さのせいなのか水不足のせいなのか激しい萎れが出ているものが10株ほど。
激しく萎れたトマト苗

激しく萎れたトマト苗

上段の葉が激しく萎れてしまったトマト苗。

もうひとつの問題が、病害です。
成長点付近が黄色くなって葉が縮れています。これはバイラス(ウィルス)性の病気のようです。
ウィルスに感染したトマト苗

ウィルスに感染したトマト苗



少しだけオンシツコナジラミが飛んでいるので「黄化葉巻ウィルス」かもしれません。いずれにしてもバイラス病は農薬散布では治らないので、症状の出た苗はすぐに隔離しました。
病気と萎れのせいで、定植するためのトマト苗が若干足りなくなってしまいました。


トマトを12cmポットに移植

8月1日にトマトをプラグトレーからポットに移植しました。

12cmポットに移植したばかりのトマト

12cmポットに移植したばかりのトマト

移植後、株間を広げたトマト苗。

播種後24日目に移植したので昨年とほぼ同じ日数でした。
あと一ヶ月ほどで定植する時期になりますが、今回は葉が大きくなる前に株間を広げておきました。
あとは土が乾き過ぎないように潅水しながら、定植する隔離床に施肥をして成長を待ちます。


トマト発芽後の様子

トマトが発芽後順調に育っています。

双葉が出始めたトマト

双葉が出始めたトマト


7月14日(播種後6日目)のトマト。
双葉が出ましたが、一斉に発芽とまではいかず多少発芽の日にちに差が出てしまいました。

ほぼ出揃ったトマト

ほぼ出揃ったトマト


7月24日(播種後16日目)のトマト。

多少発芽にバラツキが出ましたが、この時点で発芽率95パーセントなのでOKとします。
育苗している温室内の気温は40度近くになり、特に夜温が下がらないので徒長が心配でしたが、今のところ特に徒長もしていません。
あと数日で12cmポットに移植予定です。


トマトの発芽

プラグトレーに播いたトマトが3日目に発芽し始めました。

発芽したトマト

発芽したトマト


72穴のプラグトレーに一粒づつトマトの種を播いて、濡れた新聞紙をかけておくとだいたい5日~7日で発芽するので直前に新聞紙をはがします。
今日はまだ3日目なのでまだ芽が出ていないだろうと思いながら、念のためにちょっと新聞紙をめくって見てみました。
そうすると写真のようにところどころ発芽し始めていたので、すぐに新聞紙を全部はがしました。
新聞紙をかけっぱなしにしておくと、すぐにに徒長してしまいます。(丸一日遅れるともう致命的です。)

まだ所々しか芽が見えていませんが、この後、一斉に発芽してくれるといいんですが。

ちなみに今回は新品のトレーを使用しました。
黒のプラグトレーしか売ってなかったので、同時に銀色のスプレー塗料を買ってきて上側を塗ってあります。
夏の育苗なので地温が上がり過ぎないようにしたつもりです。