More from: 野菜について

ポジティブリスト制度

平成18年5月29日施行のポジティブリスト制度について。
残留農薬基準で、これまで原則として農薬残留を規制せず、禁止する農薬の基準値のみを決めていました。これをネガティブリストといいます。
これに対しポジティブリストとは、原則として農薬残留を禁止し、許可する成分と基準値を定めています。
ポジティブリスト施行前は基準が設定されていない農薬が検出されても規制対象とはならなかったものが、ポジティブリスト施行後は全ての農薬が規制対象になります。
いままで規制のなかった農薬については、暫定基準または、一律基準の0.01ppmが適用されます。
イメージとしては以下の例のようになります。

ポジティブリスト制度施行前(単位:ppm)
 
農薬成分A
農薬成分B
農薬成分C
ジャガイモ
1.0
5.0
 
コマツナ
5.0
 
 
ダイコン
1.5
1.5
 
ネギ
0.1
 
2.0

*空欄は基準がないため、農薬が検出されても規制対象外。

ポジティブリスト制度施行後(単位:ppm)
 
農薬成分A
農薬成分B
農薬成分C
ジャガイモ
1.0
5.0
一律基準
コマツナ
5.0
暫定基準
暫定基準
ダイコン
1.5
1.5
一律基準
ネギ
0.1
一律基準
2.0

*空欄がない。(全てが規制対象)(一律基準=0.01ppm)


遺伝子組み換え野菜って本当に安全?

最近、テレビで遺伝子組み換えの農産物についてやっていました。。学者(だと思う)が、

「遺伝子組み換えの野菜は安全である。」

と、力説していました。その学者は、

「遺伝子組み換えの野菜はその安全性がしっかりとした方法で検証されているが、普通の生鮮野菜は野放し状態である。」

と、言っていました。では、なぜわざわざ遺伝子の組み換えをして、その安全性を検証しなければならないんでしょう。遺伝子組み換えの目的って何なんでしょう。

遺伝子組み換えの一つに「除草剤に強い大豆」というのがあります。これは裏を返せば、大豆畑に除草剤を使っているということでしょう。

遺伝子組み換え技術は、まだ歴史が浅く、本当に安全かどうかは分かりません。仮に安全だとしても除草剤は安全でしょうか。

私は、除草剤のかかった大豆は、食べたくありません。


トマトの播種

10月5日にトマトの種を播きました。品種はサカタ種苗の「ルネッサンス」。
このトマトの生育にあわせて「トマトの作り方」を写真付きで紹介する予定です。「トマトの作り方」が完結するのは少し先になりますが、誰でもトマトが作れるように丁寧に説明していきます。


フルーツトマトって?

フルーツトマトって良く聞きますが、普通のトマトとどう違うんでしょうか。
実はフルーツトマトという種類のトマトがあるわけではありません。いろいろな工夫をして、トマトの味を良くし、特に糖度の高いものをこう呼びます。普通のトマトは糖度が4~6くらいですが、おおむね糖度7以上のトマトをフルーツトマトといいます。人によっては8以上だとか9以上と言う場合もありますが、トマトの味は糖度だけで決まるわけではなく、食べてみないと分かりません。一般に糖度が高いものほど玉が小さく皮が硬くなります。これは、潅水を控え、ぎりぎりの水分で栽培しているためです。また、最近は特殊の栽培方法でおいしいトマトを作っても、あえてフルーツトマトと呼ばずに独自のブランド名をつけて販売していることも多くなりました。
家庭菜園などで、フルーツトマトを作ろうとしてむやみに水分を制限したりすると「しり腐れ果」が多発します。これは、カルシウム欠乏の症状ですが、土壌が乾燥しすぎてカルシウムを吸収できずに発生します。塩化カルシウム水溶液を葉面散布するなどの応急手当の方法はありますが「しり腐れ果」が発生してからでは遅すぎるので土壌水分管理には細心の注意が必要です。
特に水を制限しなくても、プランターなどで根の張りを制限された環境で栽培することによってもトマトの味は良くなります。他の条件にもよりますが普通は糖度も高くなります。
「トマトハウス・ザ・ショップ」においしいトマトや野菜のリンクを集めてみました。