トマトの作り方2.播種

Share on Facebook
LINEで送る

まず、トマトの種とプラグトレーを用意します。トマトの品種は何でもかまいませんが、食味も良く、ホルモン処理の必要のないサカタ種苗の「ルネッサンス」がおすすめです。
播種の前日までにプラグトレーに培土を入れて水をかけ、適度に湿らせておきます。播種の前日にトマトの種を水に浸し、水に浮いた種は発芽率が悪いので捨てます。そのまま一晩、水に浸したままにし、翌日水から種を出し、水を良くふき取ります。次にプラグトレーに割り箸などで3ミリくらいの穴を開け、トマトの種を一粒づつ播き、土をかけます。
プラグトレー
プラグトレー
播き終わったら新聞紙をかけ、土が乾燥しないようにその上から水をかけ、30度くらいの温度に保つようにして発芽を待ちます。5日から1週間程度で発芽するので、発芽したらすぐに新聞紙をはがします。

Share on Facebook
LINEで送る


Comments are closed