トマトの作り方1.準備

Share on Facebook
LINEで送る

何回かに分けてプランターを使ったトマトの作り方を紹介します。上手に作ってフルーツトマトにも挑戦してみましょう。
まずは、予備知識編。
トマト栽培は、難しいといわれていますが、丁寧にやれば誰でもできます。大事なのはトマトを育てるというよりも、気温や地温、土壌養分や水分などのトマトを取り巻く環境を作ってあげればトマトは自分で育ちます
関東地方でトマトの露地栽培をする場合は、3月上旬に種を播き、定植が4月下旬から5月上旬になります。ただし、定植までは夜間の暖房などの温度管理が必要になります。定植後も遅霜などの心配があるので、夜はビニールのトンネルをします。(7月から8月の旬の野菜といわれていますが、自然の環境のままだとこの時期には収穫できないということになります。)
上の条件を整えて栽培すれば1年中いつでも作れます。その条件とは、
1.播種してから発芽までは地温を25度から30度に保つ。
2.発芽後は最低地温15度以上。最低夜温10度以上。昼間最高気温30度以下。

では、トマト栽培に必要なものをそろえておきます。
必ず必要なもの。
(ほとんどのものはガーデニングショップなどで入手できます。)
・トマトの種
・プラグトレー(72穴)
・4号ポット(12cm)
・プランター(土が30リッター以上入るもの)
・培土(一株当たり30リッター)
・肥料

あると便利なもの
・土壌phセンサー(土の酸性アルカリ性を測るもの。値段が高いのでなくてもよい)
・糖度計(トマトの糖度を測るもの。値段が高いのでなくてもよい)

Share on Facebook
LINEで送る


Comments are closed