有機栽培ってそんなに簡単?

Share on Facebook
LINEで送る

いろいろな場所で有機栽培という言葉をよく聞くようになりました。簡単に言うと化学肥料や化学合成農薬をまったく使用しない栽培方法ですが、だいぶ誤解をしている人も多いような気がします。
JAS法で細かく決められていて、JASマークのないものは「有機栽培」や「有機農産物」の表示をしてはいけないことになっています。これは、小規模農家にとってはかなりハードルが高く、とても有機栽培に挑戦しようなどという気にはなれません。
有機肥料を中心に使い化学肥料を減らしたり、化学合成農薬の使用を極力控えることはそれほど難しくはないと思いますが、無農薬栽培や有機栽培というのは、一般に考えられているほど簡単ではありません。
作物によっては、露地で無農薬栽培するのは不可能といってもいいくらいです。
野菜農家は、好んで農薬を使用することはありません。やむを得ず使っているんです。
農家にとっては信じられないことですが、有機肥料を使用すれば無農薬で野菜が栽培できるということを信じている人もいるようです。
本来、有機肥料を使うことと、無農薬で栽培することとはほとんど相関関係はないと思います。
これはかなり大事な点ですが、「有機栽培」という言葉が、「無農薬」を条件にしているために誤解が生じているんだと思います。(農業にかなり詳しい人でも誤解している場合があります!)
有機栽培や無農薬栽培を推進している人には、好戦的な意見に聞こえるかもしれませんが、私自身も農薬はできれば使用したくありません。ただ、作物にもよりますが、従来のやり方で単に農薬の使用をやめればまともに販売できるものは作れません。
(たとえばキャベツなどのアブラナ科野菜の場合、殺虫剤を使わずに何の対策もしなければ、葉に少し虫食いができるというレベルではありません。虫だらけでレースのようになり、見るだけで吐き気がします。)
それでも農薬は減らしたいというのなら、必ずそれに替わる方法をいくつもいくつも考えなければなりません。こうすれば無農薬でも大丈夫というような魔法のような方法はありません。
個人レベルでは、もともと農薬を使わなくても栽培できる作物だけを作るのも一つの方法です。

Share on Facebook
LINEで送る


Comments are closed