More from: トマト栽培

トマト塩類障害近況

昨年はトマトの塩類障害により大打撃を受けましたが、今年は今のところ、なんとか育っています。

先日いくつか収穫しましたが、一個130~150g、糖度は9.0くらいでした。

あと一週間くらいで、少しづつ販売を始められそうです。


トマト塩類障害対策その2

トマト定植しました。
今回も72穴プラグトレーから直接定植し、生長を始めましたが、ひどい萎れが出るためたっぷり潅水。
土壌中のEC値が高すぎて肥料を吸えず根が傷むので、たっぷりの水で薄めてその場をしのいでいます。
トマトが大きくなるに連れ肥料を吸い、自然にEC値が下がるのを待ちます。

定植後育ち始めたトマト

定植後育ち始めたトマト


トマト塩類障害対策その1

高塩類障害が出てしまった場合、水(雨)のかけ流しをすれば改善するのは分かっているんですが、温室内でしかも隔離床による少量培土で栽培していて、隔離床の底面は水が抜けないようにしてあるため、水のかけ流しはできません。

かなり手間はかかりますが、培土の一部または全部を入れ替える方法をとることにしました。

今回は、培土の上のほうから土を出して、そこに大量に買い置きしていたピートモスを投入することにしました。

土を入れ替える前と後でEC値はほんの少ししか変わってないので、どのくらいの効果があるのか分かりませんが、有効な手段があまりないので、やってみるしかないです。

既に第1回目の定植は完了。