トマトの加温栽培で特別栽培を申請

Share on Facebook
LINEで送る

東京都の特別栽培農産物の申請は、作付けする前年の10月末までに申請することになっています。
2010年まで、ナス・ジャガイモ・ダイコン・ホウレンソウで特別栽培の認証を受けていましたが、2011年は、申請を見送りました。
実は、毎年トマトをメインで作っているので、トマトで特別栽培の認証を受けたかったんですが、東京都ではトマトの特別栽培は露地の作型しか受け付けていませんでした。
それが来年から加温設備の付いた温室での促成や半促成の作型でも受け付けてくれることになり、早速申請しました。
無農薬・無化学肥料は難しいので、減農薬・減化学肥料で申請しようと、慣行農法での農薬使用回数と化学肥料の使用量を調べてみたところ、毎年やっているやり方そのままで慣行農法の半分以下なので、何の問題もなく申請書類を作ることができました。
これで認証されれば来年種まきした分から特別栽培のトマトが販売できます。
7月に種を播くので販売は来年11月以降になってしまいますが・・・
栽培方法は今年も同じなのにちょっと残念です。
ちなみに近県の認証基準とくらべてみたところ、特に東京都だけ厳しいといったこともなく、神奈川県・千葉県・埼玉県と同程度でした。

Share on Facebook
LINEで送る


Comments are closed