アピオス

Share on Facebook
LINEで送る

何年か前に杉並区特産の野菜を育てようということで、杉並区内のJAの青壮年部員を中心にアピオス会を作りました。

アピオスというのはアメリカホドイモとも呼ばれアメリカ原産のマメ科の植物で、根に小さな芋がたくさん付き、これが食用になります。非常に栄養価が高く健康食品といわれ、最近ではテレビや雑誌などでも紹介されることが多くなってきました。

アピオス会が発足した頃はメンバーは10数人いて、杉並区とJAの協力を得て栽培農家に視察に行ったり、栽培方法の研究をしましたが、少しづつ栽培するメンバーが減って今では5~6人が栽培しているだけになってしまいました。アピオス会の活動も最近はほとんどなくなってしまいました。
原因は、掘り取りに手間がかかるのと、当初期待していたほど売れ行きが良くなかったためです。

ただ、最近は状況が変わり、人気の野菜になりつつあります。アピオスの生産が間に合わないのです。そこで、もう一度アピオス会のメンバーが集まり、今後の対応を話し合うことになりました。

今日、たった今からその会合があるので行って来ます。

さて、見事にアピオスを杉並特産にできるかどうか!!

Share on Facebook
LINEで送る


Comments are closed