トマト摘芯2本立ての側枝

摘芯したばかりのトマト苗は、情けない姿になってしまいますが、摘芯から一週間くらいで側枝が出てくるので、下のほうの良さそうな側枝を2本だけ残してそのすぐ上をはさみで切り落とします。
トマト苗の側枝
青い矢印の芽を残して、主幹の赤い矢印の線で切り落とします。その下の双葉のところと上の段にも側枝が出ていますが大きいもの2本だけを残します。
主幹を切るときにあまり長く残すと、そこから病気になったりするのでぎりぎりのところで切るようにします。
もしも他の側枝が残っていたらすべて取り除き、残った2本の側枝から出た孫枝も取ります。
ここからは1本立てと同じです。